電波観測一時中断(復旧)

復旧しました (2015/08/09 16:00)

—–

現在、流星電波観測用のノートPCの挙動が不安定になり、観測が行えない状態になっています。

原因はPCの異常。
観測ソフトが停止していたので、ソフト的な問題かな?と思っていましたが、再起動しても観測を行うことができませんでした。
よく見るとUSBの音声入力デバイスを認識していない様子。音声入力デバイスには電源が供給されていないようで、さし直してもすぐに電源ランプが消えてしまいます。さらに無線LANカードも動作しておらず、見慣れない点滅を繰り返しています。

データをUSBメモリに移そうとしたところ、USBメモリも認識せず。それどころか、このメモリを他のPCにさしても認識せず…。どうやら壊れてしまったようです。詳しい原因までは分かりませんが、電源系のハード障害のようでした。

このまま継続しようとしてもデータが集まらないばかりか、ハードの故障もありえるし、万一発火するようなことになると目も当てられませんので、このノートPCでの観測を止めることにしました。

ただ、幸運なことに、会社で破棄するというPCをひとつ、電波観測用ノートとの入替用としてゲットしていた矢先の出来事でした。本当に運がよかった。

お盆休みにやろうと思っていたPCの入替を急遽行い、どうにかデータ収集ができるところまでは持っていけました…が、Wi-Fiのついていないデスクトップ機のため、ネットワーク環境が整うまではデータがアップできない状態になっています。ネットワークがつながれば今夜のデータからまとめて掲載ができるはず。

ということでペルセウス座流星群の動きがとても気になる時期ではありますが、しばらくデータの配信は停止します。ごめんなさい。