サイトを移転しました

今までずっとお世話になっていた「さくらインターネット」さんから引っ越しをしました。

引っ越し先のアドレスは https://www.hosifuri.net/ です。

お手数ですが、お気に入りやブックマークに登録されている方がおられましたら変更をお願いいたします。以前のアドレスは来年春先には使用できなくなる予定です。

ついに独自ドメインですよ!SSL化ですよ!ちょっと新しくなった感じしますよね!webサーバも新しくなって表示速度もちょっとだけ上がったと思ってます。

さくらインターネットさんのレンタルサーバに不満があったわけではないんですけどね。新しいものに飛びついてみたかった、そんな感じです。

昨今、更新が滞っていましたが、来年からはもう少し更新頻度を上げていこうと思っていますので今後ともよろしくお願いいたします。

カナダ オーロラツアー【オーロラ編】

オーロラを狙って5泊7日でカナダのホワイトホースへ行ってきました。

到着後、ロッジに4泊。ロッジは小高い丘の上にあり、壮大な山々と、ユーコン川を一望できるすばらしいロケーション。…しかしながら連日の曇天。

ロッジを経営しているご夫婦がとてもよい方で言葉の壁を越えようと一生懸命に会話しようとしていただけたり、とてもおいしい夕食を用意してくれたりと、オーロラはなくとも十分に満喫できる場所で(ネットに繋がらない以外は)なに不自由ない時間を過ごすことができました。

このロッジには偶然同じ期間でチェックインされた日本人のご夫婦が滞在されていて、夕食の場で楽しいお話をたくさん聞かせて戴きました。英語が得意ではないのでとても心強かったですね。

出発当初、2、3日目はある程度晴れそうな予報でしたが、到着すると最終日のみが晴れそうで他は雨。そしてしばらくすると最終日も曇りの予報となりました…無念。

間違いなく雲の上にはオーロラは出ていました。
実際に写真を撮れば雲が緑色に染まります。それどころか周囲の風景すらもが緑色になるほどの光量で、人の目にも確かな明るさを感じられました。

オーロラに出会えずロッジを出て、観光ツアーに参加。そのあとホワイトホースのダウンタウンに一泊して早朝に帰国する予定だったのですが、観光ツアーの日本人ガイドさんから今夜は晴れるよと言われ、思わずその場でオーロラ観賞ツアーの予約を入れてもらいました。これで確実に眠れないな…と。
とはいえ、周囲は曇天。ここまでやれば諦めがつくだろうという悪あがきだったのかもしれません。

ところが、現地時間午後4時を過ぎたあたりから急速に天候が回復、オーロラ観賞ツアーの出発時間には雲ひとつない晴天となっていました!
このときのオーロラレベルは7。かなり活発な活動が期待できる状態。
実際、バスで向かう途中、車窓から光の帯が動く様が肉眼で確認できるほどでした。

2016年8月3日 オーロラツアーにて 2016年8月3日 オーロラツアーにて 2016年8月3日 オーロラツアーにて 2016年8月3日 オーロラツアーにて

RICOH THETA Sをレンタルで借りていきましたので、360°の写真も掲載しておきます。グリグリと動かしてみてくださいっ!

(なんかうまく動かないので一旦削除します)

当日のホワイトホースはオーロラベルトの中央にあり、時折発生する大規模な光のカーテンは地面を照らしてしまうほどにすごい勢いで輝き、揺れ動いていました。ここまで明るいものなのか…!

念願のオーロラを見ることができ、大満足で日本に凱旋することができました。

ペルセウス座流星群 2016

普段はコミケと重なって楽しむことが出来ないペルセウス座流星群ですが、今回はコミケを見送ったので二夜連続での出撃となりました。

よい天気と思いきや事前予想に反して雲が多く、切れ間からどうにか流星を狙うような状況でしたが、そんな中でも数枚を押さえることが出来ました。


“ペルセウス座流星群 2016″の続きを読む

今後の予定を少し

今後の予定を少しだけ書いてみます。

夏コミは、お留守番で不参加の予定です。
行けるものなら行きたいですが…こればかりは仕方ないのかなと。
冬は受かれば参加したいと思いますっ!

その新刊のネタ…になるかもしれませんが、9月初旬に旅行に行くことになりました。
行き先は書き込み許可をもらったらTwitterで流すかなぁ…。
新刊のネタにはなると思います。

それとサイエンスアゴラ。
私は委託のみの参加になりますが、今年も出展が決定したようです。パチパチ。
とても奥が深いイベントなので正直なところ出展するよりお客さんでいたい気持ちもあります。見どころが多すぎて回りきれませんっ!

最後に、時は少し戻りまして5月のこと。車検を機に車を買い換えることになりました。
ところが納車まで3ヶ月ほどかかるために、車検切れになる6月下旬から納車予定の8月上旬までの約1ヶ月強は車がない状態になっています。
車がないというのはとても不便なもので、星見を楽しむにはなくてはならない存在だったという事実に今さらながら打ちのめされています。夜中に山奥に行くような公共交通機関はないですからね。

ずっとトヨタ車に乗ってきましたけど、色々あってスバルに乗り換えることになりました。
新しく購入する車は、スバルのフォレスターです。
理由はいくつかありますが、「放課後のプレアデス」の影響はかなり受けていますよ。
ドライブシャフト的には、すばるのレガシィを選びたいところでしたが、望遠鏡やサバイバルグッズ?がしっかりと積み込めるいつきちゃんのフォレスターに決まりました。
先の大幅なマイナーチェンジで乗り心地も大幅にアップしていて、かなり評価が高いようです。

早くこないかなぁ…。来たら星を見に行きまくりますよっ!

というわけで、それらに合わせて広角レンズを購入予定です。
思い切っていいものを思っていたんですが、9月に新しい製品が発表されるという記事も見かけますので、タイミングとしては悪そう。旅行合わせで急ぎたいので、今回は安めのレンズを購入することになるかなぁ…。

2016年 しぶんぎ座流星群 電波観測結果

やっとできました…電波観測による、しぶんぎ座流星群の観測結果です。
今年のしぶんぎ座流星群のピークは1月4日午後17時頃の予想でした。
しぶんぎ座流星群の鋭いピークをそれとなく捕らえているのではないかと思います。
観測結果では1月4日午後12時からの1時間に97個もの流星をキャッチしており、今年のしぶんぎ座流星群はかなり当たりだったのではないでしょうか。
(肉眼で見られないので一層残念な気持ちになりますが…)

201601 しぶんぎ座流星群の流星数

ピークは17時なのに、グラフでは12時から数字が減っていますが、これは観測拠点の問題かなと思います。
海外では13時以降も上昇する傾向が捕らえられているハズ。
余談ですが、
1/2~3はノイズが多く、欠測も多かったため実数として減っています。

極大日のみだとこのようになりました。

201601 しぶんぎ座流星群の流星数明細

 

2015年 ふたご座流星群 電波観測結果

今年のふたご座流星群、岡山はあいにくの曇り空でしたが、電波観測ではピークに向かって流星が増えていく様子をしっかりと捉えていました。
グラフは日別時間別の流星カウント数です。

201512 ふたご座流星群の流星数

本来ならば20時からの流れで上昇しているはずなのですが、天頂効果によって、捕らえられていないようです。

C89頒布物情報

C89の頒布物情報です。

配置は3日目 東5地区 プ-60a 「木もれ星」です。
なんと、初のお誕生日席ですっ!

【頒布物】
「初心者向け 天体観測ガイド ~2016年版~」
頒布価格:500円 (B5 本文24ページ予定)

天体観測ガイド ~2016年版~

2016年に起こる天文現象やみどころを紹介した解説本です。
今回は少しだけ仕掛け?を用意しようと思っていますのでお楽しみに!?

既刊は、春編と夏編と2015年版を持って行く予定です。
コレクションにぜひ…。

表紙は、永山ゆうのん様による放課後の春ちゃんです!(至福)
永山ゆうのん様は3日目 東ネ-12a すた~だすとくれいどる で参加されております。いつもは別の日でしたが、今回は初の同日サークル参加ですっ!
しかもですよ?私の所と同じホール内という夢のような配置なので、ぜひぜひ足をお運びくださいませっ!