カナダ オーロラツアー【オーロラ編】

オーロラを狙って5泊7日でカナダのホワイトホースへ行ってきました。

到着後、ロッジに4泊。ロッジは小高い丘の上にあり、壮大な山々と、ユーコン川を一望できるすばらしいロケーション。…しかしながら連日の曇天。

ロッジを経営しているご夫婦がとてもよい方で言葉の壁を越えようと一生懸命に会話しようとしていただけたり、とてもおいしい夕食を用意してくれたりと、オーロラはなくとも十分に満喫できる場所で(ネットに繋がらない以外は)なに不自由ない時間を過ごすことができました。

このロッジには偶然同じ期間でチェックインされた日本人のご夫婦が滞在されていて、夕食の場で楽しいお話をたくさん聞かせて戴きました。英語が得意ではないのでとても心強かったですね。

出発当初、2、3日目はある程度晴れそうな予報でしたが、到着すると最終日のみが晴れそうで他は雨。そしてしばらくすると最終日も曇りの予報となりました…無念。

間違いなく雲の上にはオーロラは出ていました。
実際に写真を撮れば雲が緑色に染まります。それどころか周囲の風景すらもが緑色になるほどの光量で、人の目にも確かな明るさを感じられました。

オーロラに出会えずロッジを出て、観光ツアーに参加。そのあとホワイトホースのダウンタウンに一泊して早朝に帰国する予定だったのですが、観光ツアーの日本人ガイドさんから今夜は晴れるよと言われ、思わずその場でオーロラ観賞ツアーの予約を入れてもらいました。これで確実に眠れないな…と。
とはいえ、周囲は曇天。ここまでやれば諦めがつくだろうという悪あがきだったのかもしれません。

ところが、現地時間午後4時を過ぎたあたりから急速に天候が回復、オーロラ観賞ツアーの出発時間には雲ひとつない晴天となっていました!
このときのオーロラレベルは7。かなり活発な活動が期待できる状態。
実際、バスで向かう途中、車窓から光の帯が動く様が肉眼で確認できるほどでした。

2016年8月3日 オーロラツアーにて 2016年8月3日 オーロラツアーにて 2016年8月3日 オーロラツアーにて 2016年8月3日 オーロラツアーにて

RICOH THETA Sをレンタルで借りていきましたので、360°の写真も掲載しておきます。グリグリと動かしてみてくださいっ!

(なんかうまく動かないので一旦削除します)

当日のホワイトホースはオーロラベルトの中央にあり、時折発生する大規模な光のカーテンは地面を照らしてしまうほどにすごい勢いで輝き、揺れ動いていました。ここまで明るいものなのか…!

念願のオーロラを見ることができ、大満足で日本に凱旋することができました。

ペルセウス座流星群 2016

普段はコミケと重なって楽しむことが出来ないペルセウス座流星群ですが、今回はコミケを見送ったので二夜連続での出撃となりました。

よい天気と思いきや事前予想に反して雲が多く、切れ間からどうにか流星を狙うような状況でしたが、そんな中でも数枚を押さえることが出来ました。


“ペルセウス座流星群 2016” の続きを読む

2015年 ふたご座流星群 電波観測結果

今年のふたご座流星群、岡山はあいにくの曇り空でしたが、電波観測ではピークに向かって流星が増えていく様子をしっかりと捉えていました。
グラフは日別時間別の流星カウント数です。

201512 ふたご座流星群の流星数

本来ならば20時からの流れで上昇しているはずなのですが、天頂効果によって、捕らえられていないようです。

オリオン座流星群 2015

オリオン座流星群の極大日ということで動画を作りました。
暗いところに行って撮りたかったのですが、平日ということで断念し
自宅のベランダで撮影しました。

あっ!流れた!…といえるようなものはほぼ映っていません(苦笑)
なので公開するのもどうかと思うのですが、今年の記録として将来振り返るためという名目でアップしておきます。

 

足守ほたるの里にて

しばらくご無沙汰でしたっ!
今年もやってきましたホタルの季節。
いつものように夜な夜な出回りたいのですが、今年はどうにも思うとおりに動けない日々が続いています。しかしながら息抜きも必要!ってことで多少の無理をしつつ「足守ほたるの里」へ行ってきました。

どれくらいいるのか分からなかったのですが、現地に着く前に数匹が飛んでいるのを見かけて一安心。久しぶりの夜遊び(?)でテンションも急上昇し、久々の星空とホタルの共演を満喫できました。

足守ほたるの里 橋の上より

“足守ほたるの里にて” の続きを読む

ふたご座流星群 2014

どうにか原稿もあがり、久々の星見でした。
「ふたご座流星群」だけはどうしても見たい!という気持ちもありましたので、とても解放された気持ちで流星群を堪能できました。

生憎の空模様で、次々に雲が押し寄せてきましたが、そこはふたご座、見事に合間を縫って私たちを楽しませてくれました。

“ふたご座流星群 2014” の続きを読む

2014年10月8日 皆既日食

今年の大きな天文イベント、皆既月食がありました。
ひとまずの証拠写真になりますがアップしておきます。

2014年10月08日 皆既月食

皆既月食中は暗くなって、星が見える…という現象の流れを動画にまとめたかったのですが、途中で夜露に襲われてしまったようで、中盤以降がわりと悲惨な状況に…。
それでもせっかく撮影したので、動画にしてみました!

YouTube初投稿でジタバタしていましたがなんとかできたようですっ!HD画質でアップしていますので、ぜひぜひ快適な環境でご覧くださいませ。
月食中の暗さと、それと共に現れる星々を…と、いう野望でしたけど、気づけば飛行機ばかりが写ってたりします。岡山の空にも、かなりの数の飛行機が飛んでいるみたいですね。

動画中のBGMは音楽素材『甘茶の音楽工房』様の、とても美しい楽曲を使用させていただきました。この場を借りてお礼申し上げます。

流星の電波観測を始めました

流星の電波観測を始めてみました。

観測データは右上?の「流星電波観測」から見ることができます!

以前から何かの定点観測を考えていて、気象に関するものだったり、空の状態だったり…と、いろいろ考えながらネットを漂っていましたら電波を使った「流星観測」に行き着きました。

どうやら数年前に流行ったようなのですが、現在はすっかり下火なようで、ネット上でも観測を中止していたり、リンクを辿っても404で形すらないようなサイトを多々みかけます。しかも主に使われている観測ソフトがインターネット上では配布されておらず、制作者様にも連絡がつかない状況…。

ひとまず機材を揃えて設置。
まずはアンテナ。うちの屋根にはCATVに入る前に家に埋め込んだアンテナ用ポールが立っていますのでそちらに設置。他の家よりも高いので遮るものはなく、たぶん受信状況としては良好だと思います。問題は組み立てと方角。iPhoneで表示される方角に合わせてみましたけど、標準のアプリって、いまいち信頼性ないんだよね…。

そしてひとつ発見。

どうやら私、高所恐怖症のようです。。。
屋根の上こわい。。。

そんなどうでもいい情報はさておき、このアンテナから部屋までケーブルを下ろして受信機に接続。受信機はアイテック電子研究所のMRK-50を作っていただきました。受注生産で2週間ほどで到着しました。空いてた本棚に昔使ってたノートパソコンと受信機を設置。これで受信局の完成ですっ!

肝心のソフトですが、山本道成様が公開しているMROFFTというソフトで観測を行うことにしました。ありがとうございます!

観測は自動でカウントできるものだと思ってたんですが、実はこれ、画像を見ながらの手作業になるようです。理由は、流星以外にも飛行機なんかに反応してしまうため。さすが天文学の世界はわりと地味な作業の積み重ねなんですね…。

と、日記を書いている間になにやら1つ受信したようです!

22時29分ごろにあるノイズのようなラインがそれのよう。
データを見る限り、もう少し受信レベルを上げた方がいいのかなぁ…??

なんとか観測ができる状態までこぎ着けることができましたが、無線やアンテナの知識はあまりなく、実際の精度がどれくらいなのかは、しばらくの間は観測をしながら機材の調整をしていく必要がありそうです。

それっぽいデータが取れるようになったら、このホームページ上でも公開する予定ですっ!