C93 頒布物情報

C93の頒布物情報です。

配置は3日目 東6地区 ヌ-23b 「木もれ星」です。
前回に続きお誕生日席でお待ちしております!
いつもは閑散とした場所にいますが今回は偽壁が近いのでちょっと恐いです(汗)
在庫は十分に用意していますのでぜひお越し戴ければと思います。

【頒布物】
「初心者向け 天体観測ガイド ~2018年版~」
頒布価格:500円 (B5 本文32ページ予定)

2018年に起こる天文現象やみどころを紹介した解説本です。
また、オーロラツアーと日食ツアーの旅行記を書かせて戴きましたので、
その分ページ数が増えています。

既刊は、前回の2016年版を持って行く予定です。

表紙は、永山ゆうのん様によるオーロラの羽衣をまとった春ちゃんです。
永山ゆうのん様は同じ日、3日目 東C-06a すた~だすとくれいどる で参加されておりますので、ぜひぜひチェックしてくださいね!

ペルセウス座流星群 2016

普段はコミケと重なって楽しむことが出来ないペルセウス座流星群ですが、今回はコミケを見送ったので二夜連続での出撃となりました。

よい天気と思いきや事前予想に反して雲が多く、切れ間からどうにか流星を狙うような状況でしたが、そんな中でも数枚を押さえることが出来ました。


“ペルセウス座流星群 2016” の続きを読む

C89頒布物情報

C89の頒布物情報です。

配置は3日目 東5地区 プ-60a 「木もれ星」です。
なんと、初のお誕生日席ですっ!

【頒布物】
「初心者向け 天体観測ガイド ~2016年版~」
頒布価格:500円 (B5 本文24ページ予定)

天体観測ガイド ~2016年版~

2016年に起こる天文現象やみどころを紹介した解説本です。
今回は少しだけ仕掛け?を用意しようと思っていますのでお楽しみに!?

既刊は、春編と夏編と2015年版を持って行く予定です。
コレクションにぜひ…。

表紙は、永山ゆうのん様による放課後の春ちゃんです!(至福)
永山ゆうのん様は3日目 東ネ-12a すた~だすとくれいどる で参加されております。いつもは別の日でしたが、今回は初の同日サークル参加ですっ!
しかもですよ?私の所と同じホール内という夢のような配置なので、ぜひぜひ足をお運びくださいませっ!

C87 頒布物情報

C87の頒布物情報です。

配置は3日目 東2地区 Q-03a 「木もれ星」です。

【頒布物】
「初心者向け 天体観測ガイド ~2015年版~」
頒布価格:500円予定(B5本文24ページ)

天体観測ガイド ~2015年版~

 

来年2015年に起こる天文現象やみどころを満載で
1年を通して楽しめる解説本です。

既刊は春編と夏編を持って行く予定です。

表紙は、永山ゆうのん様による元気いっぱいな春ちゃんですっ!

永山ゆうのん様は2日目 東シ-64b すた~だすとくれいどる でサークル参加されております。今回は初のタペストリーを用意されているそうなので私も売り切れ前にダッシュする予定です!
皆様ぜひぜひお立ち寄りいただければと思いますっ。

C87 当選しましたっ!

大変遅くなりましたが…C87も無事に当選していました。

配置は 3日目 東2ホール Q-03aです。

四季編もおわり南天の空を…と思っていましたが、やはり一度も見たことのない空を解説してしまうのはどうかな?…という結論に至りましたので2015年の天文現象を中心に書いていきたいと思います。
私事ですが、来年の夏は参加が危うい状況のため、1年分をしっかりと詰め込んでお届けできたらと思います。

来年のうちに南半球への海外旅行を真面目に検討しよう…うん。

流星の電波観測を始めました

流星の電波観測を始めてみました。

観測データは右上?の「流星電波観測」から見ることができます!

以前から何かの定点観測を考えていて、気象に関するものだったり、空の状態だったり…と、いろいろ考えながらネットを漂っていましたら電波を使った「流星観測」に行き着きました。

どうやら数年前に流行ったようなのですが、現在はすっかり下火なようで、ネット上でも観測を中止していたり、リンクを辿っても404で形すらないようなサイトを多々みかけます。しかも主に使われている観測ソフトがインターネット上では配布されておらず、制作者様にも連絡がつかない状況…。

ひとまず機材を揃えて設置。
まずはアンテナ。うちの屋根にはCATVに入る前に家に埋め込んだアンテナ用ポールが立っていますのでそちらに設置。他の家よりも高いので遮るものはなく、たぶん受信状況としては良好だと思います。問題は組み立てと方角。iPhoneで表示される方角に合わせてみましたけど、標準のアプリって、いまいち信頼性ないんだよね…。

そしてひとつ発見。

どうやら私、高所恐怖症のようです。。。
屋根の上こわい。。。

そんなどうでもいい情報はさておき、このアンテナから部屋までケーブルを下ろして受信機に接続。受信機はアイテック電子研究所のMRK-50を作っていただきました。受注生産で2週間ほどで到着しました。空いてた本棚に昔使ってたノートパソコンと受信機を設置。これで受信局の完成ですっ!

肝心のソフトですが、山本道成様が公開しているMROFFTというソフトで観測を行うことにしました。ありがとうございます!

観測は自動でカウントできるものだと思ってたんですが、実はこれ、画像を見ながらの手作業になるようです。理由は、流星以外にも飛行機なんかに反応してしまうため。さすが天文学の世界はわりと地味な作業の積み重ねなんですね…。

と、日記を書いている間になにやら1つ受信したようです!

22時29分ごろにあるノイズのようなラインがそれのよう。
データを見る限り、もう少し受信レベルを上げた方がいいのかなぁ…??

なんとか観測ができる状態までこぎ着けることができましたが、無線やアンテナの知識はあまりなく、実際の精度がどれくらいなのかは、しばらくの間は観測をしながら機材の調整をしていく必要がありそうです。

それっぽいデータが取れるようになったら、このホームページ上でも公開する予定ですっ!

C85 頒布物情報

C85の頒布物情報です。

配置は3日目 西地区 ふ-04b 「木もれ星」です。

【頒布物】
「初心者向け 天体観測ガイド ~春編~」
頒布価格:500円予定(B5本文30ページ)

C85

秋編、冬編に続き、春の星空を楽しめる解説本です。
やっと、○なのに春ちゃん?というツッコミをされない季節になりました。
内容は、

  • 太陽のお話と楽しみ方
  • 春の星座
  • 2014年の天文イベント
  • 夏コミまでの流星群の見どころ

など、できるだけ難しい話を抜きにして(?)必死に解説しています。
去年の冬編も若干数残っていますので、こちらも持って行く予定です。

表紙は、永山ゆうのん様による魅力満点の春ちゃんですっ!
永山ゆうのん様は1日目 西れ-19b すた~だすとくれいどる でサークル参加されております。
ひだまりの再録集は圧巻のA5サイズ272ページ!ぜひぜひお立ち寄りいただければと思いますっ。

アイソン彗星リベンジ

当日はお仕事が徹夜なオーラが流れていまして諦めていたんですが
23時すぎに上がれましたので、帰宅して機材を積み込みまして、
OACのみなさんと彗星の撮影に行ってきました。

道中、霧に包まれた道路で迷子になったりもしましたが、無事に撮影地、牛窓に到着。
今までは基本的に山奥へ行くのが基本でしたので、海辺で撮影というのはとても新鮮です。
月齢12くらい?の明るいお月様が沈むのを待ちつつ、まずはラブジョイ彗星を堪能。

そして月が沈み、薄明が始まる前にアイソン彗星が…あれ、望遠鏡で見つけられない!
そして焦るとどんどんドツボにはまっていく私。うぎゃーーーーー!
というところで、救いの手が降臨。そしてパチリ。

アイソン彗星

まわりが暗いおかげ?で、先日は撮れなかった尾まで撮れました。
その後の情報ですと急激に明るくなってきて、現在5等ほどの明るさだそうです。
いよいよ盛り上がってきましたね!ってところで明日の夜からはお月様に邪魔をされます。
ダメと分かっていても、これだと毎日のように観察したいですね…。

アイソン彗星さん初挑戦

昨夜は疲労困憊のため、まさかの22時前就寝。
やらなければいけないことは山ほどあるというのに、わりと末期症状。

で、夜中3時半頃。
ふと目が覚めると、寝ている間に彗星を見ようと呼びかけがあった様子。
集合時間2時半、時すでに遅し。
もしリアルタイムで見ていたとしても疲労で不参加は確実でしたが、
ひと眠りした後でしたので自宅付近で見てみようと起き出しました。

アイソン彗星はまだ山の向こうでしたので
ラブジョイ彗星さんを探してみると…なんかいる!
カメラでもパチリ。尻尾はよく見えませんが一応映ったみたいです。

ラブジョイ彗星

“アイソン彗星さん初挑戦” の続きを読む

ペルセウス座流星群 2013

本日11月16日、過去の日記を捏造です。
コミケ(東京ビッグサイト)から帰宅、その夜のお話です。
カメラをセットしつつも力尽きて寝ておりましたから、
実際には見ていないためにアップはしていませんでしたが、
彗星の撮影でテンションが上がってきましたので勢いでアップしてみます。

ペルセウス座流星群の火球

ばばーん!なんか巨大な火球が映っていたようです。
フルサイズの焦点距離14mmでここまで映り込むのは、相当な明るさ。
そして流れた距離も相当なものです。
これを肉眼で見られなかった悔しさは言葉にできないものがありますね…。

しかし「カメラは見ていた!」のです。